隣の花の育てかた

~気になるお隣さん【5人家族+ねこ】の家庭事情~

私立幼稚園の入園説明会で見たい&聞いときたい11のポイント

f:id:Sakuranbox:20190916102256j:image

そろそろ入園説明会のシーズン!

初めての子だとどの幼稚園にするか迷ってしまいますよね

私立幼稚園は特に園ごとに力を入れている教育が違うので私も迷いました。

 

今回は入園説明会で見ておいた方がいいポイントと聞いておいた方がいいポイントをまとめました!

 

ぜひご参考にしてください☆。.:*・゜

 

 

私立幼稚園の入園説明会で見たいポイント

f:id:Sakuranbox:20190916085026j:image

入園説明会の前にある未就園児の見学会がある幼稚園もあります。

その見学会に行けれなかった方はぜひ幼稚園内の子供や先生の様子を見ておきましょう。

見たいポイント
  • 先生達の仲がいいか
  • 子供たちに笑顔が多いか
  • スモックにワッペンを貼っていいのか
  • 園庭は広いか
  • 設備は?

詳しく見ていきましょう

 

先生達の仲の良さと子供達の笑顔の多さ

幼稚園の雰囲気は先生たちの雰囲気と思ってもいいかもしれません。

先生たちがギスギスしていると子供達にも伝わるので先生の顔色を伺って行動するようになります。

また、仲が悪いと連携ができていない場合があるので子供達にきちんと目が届ききらないことも。

 

実際に幼稚園に入るのは親ではなく子供です。

園児たちに笑顔が沢山あったか、楽しそうかを見てきましょう。

 

スモックに貼るワッペンは自由?

制服がある幼稚園は園に着いたらスモックに着替えます。

そのスモックに「自分のだよ」とまだひらがなが読めない年少さんに分かるよう、目印を付けたいですよね。

 

行事があるときに我が子を探す目印にもなるよ

 

その目印にワッペンを使うことが多いですが

  • ワッペンを取り付けてもいいのか
  • 大きさは自由なのか

実際の園児を参考にしておきましょう

 

園庭は広い?設備は充実してる?

園庭の広さは子供たちが外遊びや運動がのびのび出来る広さが確保されているのかを見ておきましょう。

 

園庭が狭いと運動会は別の場所を借りて行うのかもしれないという一つの判断材料にもなります。

 

設備の充実さは

  • 全クラス冷暖房完備なのか
  • トイレは綺麗なのか
  • 整理整頓されているのか

を確認してくるといいです。

 

夏は暑すぎるのでエアコン完備なのかは重要です!

 

私立幼稚園の入園説明会で聞きたいポイント

f:id:Sakuranbox:20190916113751p:image

次は入園説明会で聞いておいた方がいいポイントについてです。

パートに出ようとしているママさん、働いているママさんは必ず確認しておきましょう! 

聞きたいポイント
  • 何に力を入れているか
  • 行事はどこで行われるか
  • バスの時間は1年固定か
  • お弁当の日はあるのか
  • 長期休暇のお預かりはあるのか
  • 親の出番は多いのか

詳しく見ていきましょう

 

何の教育に力を入れているか

私立幼稚園は力を入れている分野がそれぞれ違います。

  • スイミング
  • 英会話
  • 音感など

何の教育に力を入れていて具体的にどう行っているのかを確認しましょう。

 

例えばスイミングなら

      
  1. インストラクターが専任でついているのか
  2.   
  3. 温水プール完備で1年中カリキュラムに組み込まれてるのか
  4.   
  5. 先生1人に対して子供は何人なのか

…など卒園までに何が出来るようになるのか分かれば習い事の節約にもなります。

 

行事は幼稚園?外部?

運動会やお遊戯会など、幼稚園内で行われるのか外部(文化ホールや体育館など)で行うのかを確認しましょう。

 

下にお子さんがいてパパがお休みが取れなかったときにママだけでその場所まで行けるのかは大事なこと。

 

場所だけでなくそこに至るまでの道のりも把握しておくのがいいです。

 

電車?バス?車?それとも歩いて行ける距離?

 

お弁当もいるならお弁当を持ちながら子供の手を引いていかなくてはいけません。

 

1人で行ける所ですか?

 

意外と盲点なこの行事の場所。

ぜひ確認しておきましょう

 

 

 

バスのお迎え時間は年間固定?

バスの送迎時間は特にパートをしようとしているママには意外と重要!

 

娘が通っている幼稚園は3台のバスがありますが早コースと遅コースの二部制になっており、その差は約1時間あります。

 

9時に出社できるのか、10時に出社できるのかはパートを探す上でも大きく変わってきます。

 

帰りの時間も同様に「何時まで働けるのか」が変わってきます。

 

幼稚園事にバス時間の見直しがあるので半年ごとに変わるのか、1年間変わらないのかも確認しておきましょう!

 

4~5月は慣れてない年少さんが乗るので予定時刻をすぎることもあります。

余裕を持って見積もりしておきましょう

 

お弁当の日はあるのか?

普段は給食でもお弁当の日があるかないかを確認しましょう。

 

毎週水曜日は手作りお弁当の日という幼稚園もあれば、ない幼稚園。

娘の幼稚園はお弁当の日がない代わりに第2水曜日だけは早帰りでお昼前に帰ってきます。

 

お弁当がいる日は遠足の日だけですが、キャラ弁は禁止になっています。

 

ままも子供も慣れるまで朝はバタバタするので事前にお弁当がいる幼稚園だと分かって入園していれば心の準備もできます

 

長期休暇におあずかりがあるのか?

f:id:Sakuranbox:20190916161952p:image

働こうとしているor働いているママさんは長期休暇のお預かりがあるのか確認しましょう。

また、その費用もあわせて聞けると働く日数の目安になります。

 

娘の幼稚園は【夏休みだけ】給食ありでお預かりがありますが費用は日数別で普段とは別徴収になっています。

 

違う幼稚園では夏休み以外にも冬休みや春休みも見てくれるところがあったり、給食ではなくお弁当持ちだったり、費用にも差があります。

 

親の出番は多い?

働いているママや下にまだ小さい子がいると幼稚園に出向く日が多いのも大変です。

      
  1. 保育参
  2.   
  3. 親子遠足
  4.   
  5. 個人懇談
  6.   
  7. 行事

とは別にバザーなど他にもあるのか確認しておきましょう。

 

よく聞く幼稚園のバザーですが、

  • 手作りでないといけないのか
  • 市販品のものか
  • 家にある不用品でいいのか

その違いだけでも負担は違います。

 

入園説明会の服装は?

 

地域性やお受験園かどうかでも変わります。

お受験園ならスーツかと思いますが

私の地域ではほとんどの私立幼稚園は地域に馴染んだ幼稚園が多く、バッチリスーツ!は少なくて浮いてしまいがち。

ジーンズの方〜綺麗めパンツの方が多いです。

 

逆に親が医者や社長などのいわゆるお金持ちが通う幼稚園が1つありますがジーンズで行くとかなり浮きます。

 

総合して、綺麗めスタイルが無難です

 

不安なことは個別でもいいから聞いておこう

f:id:Sakuranbox:20190916084853j:image

我が家の場合、上の子が早生まれでおむつがなかなか取れなく苦戦している所でした。

「4月までに絶対外さなくてはいけないのかな?」と説明会の後に聞いてみました。

 

温水プールが付いていて専任のコーチがいる程スイミングに力を入れているA幼稚園では

 

園内はパンツです。絶対4月までには外してきてください

 

声の出し方から音符や楽譜の読み方まで学べて、絶対音感を身に付けることに力を入れているB幼稚園では

 

大丈夫。ママは何も考えず入園までリラックスして過ごしてね。おむつの子もいっぱいいるよ。
4月になってから少しずつ一緒にやりましょう

 

あなたならどちらに我が子を任せますか?

 

私は始めスイミングに力を入れているA幼稚園を考えていましたが、温かい言葉をくれて「一緒に頑張ろう」と言ってくれた音感教育のB幼稚園に決めました。

 

説明会だけで個別質問をしていなかったらA幼稚園に決めていたと思います。

それほど当時は上の子のおむつが外せれなくて焦っていたんです。。

(下2人はすんなり取れた)

 

なので何か不安なことがあれば聞いておきましょう

 

幼稚園選びを後悔しないために

f:id:Sakuranbox:20190916084820j:image

幼児保育無償化に伴い、毎月の幼稚園代が少なくなったので選べる範囲も広がりましたね。

 

ただ単純に「近いから」で選んでしまうともしかしたら行事で遠くに行かなきゃいけなかったり、働く予定だったのに長期休暇に預けれなくて 「どうしよう」ってなってしまうかもしれません。

 

説明会で聞いているだけではなく、個別質問をしたり幼稚園全体の雰囲気も一緒に体感して「ここにこどもを預けたい」「ここなら安心して任せられる」と感じてからにしましょう。

 

また、説明会では先生たちも「よそ行き」になっているので悩んでいるなら園開放の日やバザーの日などに行くと普段の様子がよく分かっておすすめです☆。.:*・゜

 

あわせて読みたい

www.tonari-hana.com