隣の花の育てかた

~気になるお隣さん【5人家族+ねこ】の家庭事情~

【デオトイレ】vs【ニャンとも清潔トイレ】実際に買って機能性を比較してみた!消耗品のコストの比較も!

f:id:Sakuranbox:20190703162011j:image

 

 

生後約3ヶ月の時に車の下から保護した子猫も倍に成長しました!

 

トイレが小さくなってきたのでシステムトイレor普通のにするかで迷い、システムトイレに決定!

 

二大勢力のデオトイレとニャンとも清潔トイレどちらがいいのか分からず実際に買って比較してからニャンとも清潔トイレに決めました!

 

 

こんな方におすすめの記事です☟

      
  1. なぜシステムトイレにしたのか?  
  2. デオトイレとニャンともの違いは?
  3. ニャンともに決めたのはなぜ? 
  4. サンドとシートはどれがコスパがいいの?  

 

ご参考になれば幸いです。

 

 

 

 

なぜシステムトイレにしたのか

f:id:Sakuranbox:20190703162034j:image

今まではスリムタイプのケージに入るリッチェルのコロルを使っていました。

 

 

猫砂は私の市では鉱物系は排出不可なので可燃ごみで出せる紙砂を使用

 

紙砂は3種類くらい試して固まりがよく、香りが付いていないデオサンド ギュッと固まる紙砂 を使っていました

 


f:id:Sakuranbox:20190702160958j:image

f:id:Sakuranbox:20190702161004j:image

 

愛猫も成長して保護当時のThe!子猫体形からおおきくなって猫トイレが小さくなってきたのでそろそろ大きくしようと思った時に

 

猫砂沢山必要になるなぁ…金額も上がるなぁ

と思ったのと、

パートでお留守番が多く、清潔な状態ではないのが気になりシステムトイレに決めました!

 

 

 

【デオトイレ】vs【ニャンとも】大きさと機能性を徹底比較!


f:id:Sakuranbox:20181005141027j:image

f:id:Sakuranbox:20181005141030j:image

システムトイレはデオトイレニャンとも清潔トイレが有名ですね

 

近くのペットショップやホームセンターでも必ずあるので、サンドやシートが足りなくなってもすぐ買えるこの2大トイレをどっちがいいのか実際に買って比較してみました!

 

ハーフカバーとドーム型とありますがパッと見てわかるハーフカバーに絞って比較してみます

 

  デオトイレ ニャンとも
価格 最安1729円
(*楽天市場調べ)
最安2779円
(*楽天市場調べ)
大きさ 高さ:約26cm
幅:約40cm
奥行:約52.5cm
高さ:約26cm
幅:約40cm
奥行:約55cm
トレーの機能性 前後入れ替え可能
だが猫が引き出せる
前後入れ替え不可
猫が引き出せない
コスト
(純正品)
月約950円~ 月約1350円~

 

気になる項目を詳しく見ていくよ!

 

 

大きさは?

デオトイレ

f:id:Sakuranbox:20181005141107j:image

 

ニャンとも

f:id:Sakuranbox:20181005141118j:image

 

ニャンともの方が少し大きくて中が広いです

 

f:id:Sakuranbox:20190317145538j:image

左=ニャンとも 右=デオトイレ

中が入った状態ですみません

 

 

機能性は?

デオトイレとニャンとも清潔トイレの機能性を比べるならトレー部分になりますよね

デオトイレのいい所はトレーが前後入れ替えることが出来ること!

 

ニャンともの引き出しはデオトイレのようにクルっと上下を入れ替えることが出来ません

 

決まった場所でする猫ちゃんならシートの無駄が出るので自分でシートを入れ替えてあげないといけなくなります

 

ーが!

デオトイレのトレーが本当に軽くてスっと開けれるので愛猫は娘が開けたのを見てすぐにトレーを引き出すことをマスターしちゃいました

 

逆にニャンともはトレーを閉める最後が少し突っかかりがある仕様になっている為、

最後はグッと力が入れるので愛猫は引き出すことが出来ませんでした

 

 

2大トイレの純正消耗品のコストと性能は?

f:id:Sakuranbox:20191031104741j:plain

システムトイレには専用のサンドとシートが必要です

 

楽天やAmazonで購入することが多いのでこの2つのサイトで2大トイレの純正消耗品を計算当時の最安値で比較しました

 

*価格変動あり

1ヶ月4週として計算

 

 

デオトイレ 純正品ひと月のコスト

デオトイレはシリカゲルと紙製とありますが軽くて可燃ごみに出せる紙製で計算しました

 

デオトイレ
(1か月分)
消臭サンド シート 合計
単品 2L
約600円
4枚入り
約350円
約950円
ケース買い 4L×8
約500円
10枚×12
約260円
約760円

 

 

デオトイレの消臭サンドは2Lで約1か月分で取り換え不要

ケース買いをした方が月々のコストが少し抑えられます 

 

 

ケース買いは 4L 8袋セット=16ヶ月分になるので

うんちが付いたりして4袋を継ぎ足し分としたら1ヶ月分約680円の計算に。

 

継ぎ足さなければ月約500円なのでもっとコストが抑えれます!

 

シートは1枚約1週間取り換え不要の消臭・抗菌シート

 

 

ケース買いは 10枚入 12個セット=30ヶ月分なので1ヶ月約260円になる計算です

 

 

ニャンとも清潔トイレ 純正品ひと月のコスト

ニャンともはマットとシートがありますが捨てやすいシートで計算しています

 

また、チップが単体2.5Lで1.5か月分になるのでニャンともは1.5か月で計算しました

 

ニャンとも
(1.5か月分)
チップ シート 合計
単品 2.5L
約600円
8枚入り
約750円
約1350円
ケース買い 2.5L×12
約650円
8枚×8
約650円
約1300円

 

 

こちらもデオトイレ同様にケース買いの方が少しお得ですね

 

ネットで単品を買うと送料がかかるので上記より高くなります

 

ニャンともは木質チップが純正で販売しています

楽天だと大きめ・小さめが選べるので愛猫が好む小さめで計算しました

 

 

2.5L 12袋セット

1.5ヶ月分約650円

 

ニャンともはマットとシートがあるのですが捨てやすいシートで計算しました

シート1枚で約一週間分

 

8枚入 8個セット=16ヶ月分なので1.5ヶ月約650円になります

 

 

消耗品は組み合わせて使うこともできる 

【デオトイレ】も【ニャンとも】も単品だと実店舗と差がないか、

むしろネットショップの方が送料入れると高くなるのでまとめ買いの方がお得です

 

純正品の価格だけみると

  • サンドはニャンとも
  • シートはデオトイレ

という組み合わせが最安になります

 

しかし!!

 

ニャンとものサンドは撥水効果が切れておしっこを吸ってしまうチップがあるらしく

・ボロボロになって目詰まり起こす

・匂いが気になりチップの入れ替えが多くなる

結果

消耗が激しいというレビューがありました

 

逆にデオトイレの消臭サンドは大きいからすのこの目詰まりの心配はなし

ボロボロすることもありませんでした

 

 

木質ペレットにするとコストがもっと削減できる!メリットとデメリットは?

 

燃料用のものですが水分を吸うとボロボロになってシートに落ちるという性質の木質ペレットが安くて使ってるオーナーさんも多く検討もしました

 

 

約1年分としたら1ヶ月分約145円!

 

木質ペレットのメリットデメリットを挙げてみました

木質ペレットのメリット
  • 1匹なら約1年もつ位コスパがいい!
  • 消臭効果が高い
  • 木の香りがいい
  • 毎日シート交換するから清潔

 

多頭飼いの方はコストが専用のものよりかなり安くなるのではないかな??

 

逆にデメリット

デメリット

✖毎日のシート交換が必要になる

✖折角システムトイレにするのにおしっこの量や色が分かりにくい

✖木屑で目詰まりするかも

✖木屑が飛び散る

✖木の香りが猫が気に入らないかも

 

木質ペレットを使うと毎日シート交換しなくてはいけないので引き出しの高さがあり、

トレーを引き出した時に万が一木屑が落ちてもいいように底面があるニャンとも清潔トイレの方がいいですね!

 


f:id:Sakuranbox:20190317150015j:image

f:id:Sakuranbox:20190317150011j:image

 

デオトイレは引き出しを開けると底がなく穴がぽっかりしてるのでペレットがこぼれる心配があります

(なぜ空いてるのか不思議…)

 

また、木屑が溜まるのでシートもできれば毎日取り替えたいですよね

 

毎日交換してると純正のものだとかなりコスパが悪くなります

 

なのでコスパも性能も良いユニ・チャーム デオシートレギュラーで対応

 

 

木質ペレットを使用したらシート代合わせて1ヶ月545円という結果に!

かなり安い!!

デオトイレだとレギュラーでも大きいので少し折りたたまないと入りませんでした

 

木質ペレットが愛猫に認められるかニャンとものセットに付いていた木質チップで試してみたら…

木の香りが強くて私も子猫もダメでした

 

ずっと嗅いでると気持ち悪くなっちゃう…

 

ほんの少しだけ入れるなら消臭効果もアップして良さそうだけど木質ペレット単品だけではうちでは使えなさそうです

 

新築の木の香りは好きなんだけどな〜

なんか香りの種類がちがうのかな?

 

試してみたい方は少量から試した方が良さそう!

 

 

 

 

我が家のシステムトイレの組み合わせが決定!

f:id:Sakuranbox:20191102110033j:plain

機能性やコスト面を検討して愛猫には

を採用しました!

 

おしっこの量を確認したかったのと衛生面から毎日シートは取り替えてあげたいので純正品よりやすいデオシートを採用!!

 

月々かかるサンドとシート代はネット購入で約900円!

 

木質ペレットと比べると約2倍高いですがお留守番の時に清潔で保てれるなら許容範囲!

 

 

まとめ

 

システムトイレの2大勢力【デオトイレ】【ニャンとも清潔トイレ】のどちらがいいのか分からず、実際に買って比較してみました

 

 結果!

 

子猫がトレーを引き出せなかったニャンとも清潔トイレに決めました!

 

(上の画像のクールホワイトはAmazon限定色です)

 

次に困ったのは消耗品をどうするか…ですよね

月にかかる消耗品も簡単に表にまとめてみました

 

  デオトイレ ニャンとも 組み合わせ① 組み合わせ②
純正サンド 約500円 約650円   約500円
純正シート 約260円 約650円    
木質ペレット     約145円  
デオシート     約400円 約400円
合計 1ヶ月
約760円
1.5ヶ月
約1300円
1ヶ月
約545円
1ヶ月
約900円

 

我が家では猫砂はニャンとものチップの香りが苦手で多分木質ペレットもダメだろうと判断し、組み合わせ②にしました

 

可燃ごみに出せるシステムトイレ唯一の紙製 デオトイレの緑茶消臭サンドをまとめ買いでコスト削減!

 

 

シートは衛生面も考え、毎日取り替えたいのでデオシートに

 

 

ワイドはトレーに大きすぎるのでレギュラーです!

 

木の香りが大丈夫なオーナーさん&猫ちゃんは木質ペレットの方が更に価格を抑えられます!

 

 

1年分として1ヶ月約145円

 

木屑がおしっこをするとボロボロと下に崩れる仕組みなので毎日のシート交換が必要です

 

上記のデオシートレギュラーを併用しても1ヶ月545円という安さは魅力的!

 

サンドもシートも量が多くなれば重いよ
まとめ買いをするなら無理せずネットショップを活用しよう♪

 

あなたの愛猫に合う組み合わせで

毎日のお世話が少しでも楽に!

にゃんこが少しでもストレスなく生活出来るように!

あれこれ考えるのも頭は疲れるけど楽しいですね

 

www.tonari-hana.com

悲報のお知らせ

 

 

Amazonでお得に買う方法

 

Amazonでお得に買うならギフト券チャージタイプがおすすめ!

Amazon ギフト券チャージタイプなら5000円以上追加するたびにポイントが貯まります

 

f:id:Sakuranbox:20200123115045j:image

1回のチャージ額に応じてポイント率は変わりますが

  • 通常会員➡最大2.0%
  • プライム会員➡最大2.5%

貯まっちゃいます!

(ポイントは翌月中旬に付与)

 

支払い方法はカード・コンビニ・ATM・ネットバンク・電子マネーOK

手数料も無料です

更に有効期限はなんと10年間! 

Amazonをよく使うならチャージしてお買い物した方がお得ですよ

 

≪詳しく見たい&購入はこちらから≫